• 2024年2月27日
深刻な恋愛の悩みには相術の占いがおすすめな理由

深刻な恋愛の悩みには相術の占いがおすすめな理由

三角関係や略奪愛など、少し込み入った恋愛に悩んでいる時に行うべき占いは「相」と呼ばれるタイプのものになります。
占いには西洋式や東洋式といった地域による違いだけでなく、占いに用いる方法や具体的に何を見るのかによってもタイプや効果が分かれてきます。
ここでは何故三角関係や略奪愛などの悩みには「相」の占いが有効なのかを解説します。

占いの基本タイプは「相・卜・命」の3つ

まず占いの基本ともされる3つのタイプについて知っておきましょう。
「命(めい)」というのはもっともシンプルな占いで、誕生日や血液型など本人が生まれ持った運命的な要素から将来や宿命を占うというものです。
その性質上、データさえあれば誰でも簡単に占うことができるのに加えて同じ占いであれば結果が変わることもありません。
しかし「命」の占いはその人の人生の指針や性質を調べるのに使われるのが普通で、今その時の悩みに対応させるのは難しいという問題があります。
「卜(ぼく)」の占いは逆に、占う瞬間の偶然性によって運気を読むものとなっています。
タロットカードや易者占い、神社のおみくじなどが「卜」に当たる代表的な占いです。
これらはその時の悩みに対応させることはできますが、どちらかというとエンターテイメント性が強く深刻な人生相談にはあまり向いていないという側面もあります。
「相(そう)」は手相や人相など、具体的な物の形を通じた占いです。
物の配置によって運勢を占ったり変えたりする風水も「相」の一種とされています。
「相」の利点は占う瞬間の顔色や体調、あるいは化粧や服装など表に出ている要素が結果に影響するということです。
また基本的に「相」の占いは相談、占い師と直接触れ合って悩みを伝える必要があります。
そうしたことから「相」の占いはカウンセリングに極めて近い効果を持っていると言えます。

深刻な恋愛相談には「相」術の占いが最適

三角関係や不倫、一度別れた相手との復縁といった深刻な恋愛相談を求めている人はその時点で精神的にかなり参ってしまっているケースがほとんどです。
そのため「命」や「卜」の占いでは気休め程度にしかならず、問題解決をむしろ先送りにさせてしまう危険もあります。
一方で「相」の占いであれば悩みを直接占い師に吐き出すことでストレス軽減の効果も見込めますし、腕の良い占い師であれば運命を読むのと同時に顔色や服装の乱れなどから相談者の心理状態を読み解いて的確なアドバイスを送ってくれる場合もあります。
占い師への相談ではプライバシーが確実に守られる点も、深刻な恋愛の悩みを抱えている人にとっては重要です。

一人で抱え込む前にまずは占い師を頼ってみよう

占いというと胡散くさいイメージを持たれることもありますが、実際に人類の歴史の中で絶えることなく需要がある人間の生活には欠かせない存在でもあります。
古くから、一人で抱え切れない恋の悩みは占いによって発散することが人類の知恵として定番になっていると言えるでしょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です